インテリアと絨毯クリーニング

インテリアを整えるにあたって、一段と目をひくことのできる絨毯は欠かせないアイテムかもしれません。しかし、意外と清潔さや綺麗さを保つのは難しいアイテムでもあります。しかし部屋に置きたい、そんな場合にはきちんと自分でクリーニングをするなどのケアが必要になります。そのために一番必要なのが、絨毯クリーニングです。これは、絨毯の質にもよりますがダニやほこりが貯まりやすい部分でもありますので、我々の肌に直接触れるということもありより一層のケアが大切です。しかしどのようにしてクリーニングすればいいのか迷うかもしれません。掃除機で吸い取ったり、天日干しをすることももちろん大切ですが、それだけでなくプロの業者に定期的にクリーニングを依頼しましょう。自分ではできる範囲が限られますし、どうしてもダニやほこりはたまってしまうのでとてもおすすめです。

絨毯クリーニングは費用をしっかり確認

絨毯というのは、カーペットやラグとは違って裏にゴムが張ってあったり、編み込まれていたりしますので、普通の洗濯物とは違うという認識が必要です。そのため、洗いたいとなったら専門に手掛ける店で絨毯クリーニングを頼むのが、ベストな方法です。中には高級な絨毯を使っているお宅もあるでしょうし、そうした絨毯はクリーニングに出すにしても、一般的な絨毯とはクリーニング費用が異なってきます。そのため、あらかじめいくらくらいかかるのかという見積もりを出している店も多くあります。仕上がってきてから、こんなに高いクリーニング代がかかるとは思わなかったといったトラブルを避けるためにも、双方にとって見積もりは必要です。一般的な絨毯なら、大きさにもよりますが固定金額というところが多いので、値段を見てクリーニングを依頼するかどうかが決められると思われます。

絨毯クリーニングにだしてみませんか

最近の絨毯は、洋間の全面に敷くタイプ以外にも、テーブルやソファーの下に一部だけ敷くラグと呼ばれるタイプのものなど、素材や織り方も様々で、オシャレなものが増えていますよね。人工素材の安価なものなら、自宅で洗剤や重曹などを使って汚れや嫌な匂いなど除去できますが、ウールやリネン、コットンなどの天然素材で毛足の長いタイプなどは、やはりお店にだしてプロのクリーニングを受けた方が良いかもしれませんね。絨毯は一見、汚れていないように見えるものも、実は汚れていて、ダニの温床にもなっていたりしますが、お店まで持っていくのは、大変な労力ですよね。そんな時は、敷き詰めたまま素材にあったやり方で、汚れやダニを除去してくれるサービスもあるようですね。小さなお子様のおられる家庭などは、年に一度程度、絨毯クリーニングにだしてみると、安心かもしれませんね。